beat ukulele

ポップス・ロック・ジャズをカバーしたウクレレ動画を日替わりで紹介します。

0288 ポールのダンス

シンセサイザー等の電子楽器がどんどん進歩を遂げていた'80年代初頭に、そこいらから寄せ集めたようなアコースティック楽器でヘンテコな、けれど何だか無視できない音楽を奏でていた異能集団、ペンギン・カフェ・オーケストラ。ジャケットに惹かれて買ったアルバムで気に入ったのは、軽やかな二挺の弦楽器による短い「ポールのダンス」という曲でした。ウクレレとクアトロによるものだったと知ったのは結構後になってからで、今でも時々弾く愛奏曲です。

ペンギン・カフェは故・サイモン・ジェフス以外はメンバーが流動的なユニットだったのですが、動画のタイトルによるとこのお二人もメンバーだったということですね。という訳でカバーじゃなくてご本家の演奏ということになりますが、まぁ細かいことは(ry ww レコードには無い、後半のアドリブ的な盛り上げもイイ感じ。


元ネタはこんな曲

  • ポールのダンス (Paul's Dance)
  • ペンギン・カフェ・オーケストラ (Penguin Cafe Orchestra)
  • 1981年発表
  • 下記のアルバムに収録されています。

Penguin Café Orchestra

Amazon でみる iTunes Store でみる

この記事をシェアする