beat ukulele

ポップス・ロック・ジャズをカバーしたウクレレ動画を日替わりで紹介します。

0279 アイヴ・ビーン・ウェイティング

ラムちゃんタトゥーで有名(?)な、オルタナ SSW のマシュー・スウィート。その頃は閉鎖的なイメージだった日本のオタク文化を、グローバルなポップ・カルチャーに引き上げた功労者でもありますな。まぁ、そんなこととは関係無しに「アイヴ・ビーン・ウェイティング」はパワー・ポップの名曲として素晴らしいのでつ。

眉間にシワ寄せて怖い顔で歌ってますが、いやーこれが爽やかw バスキング・フォークふうのハーモニカや一人コーラスも手馴れている感じというか、シンプルながらしっかりした地力が窺えるカバーですね。


元ネタはこんな曲

  • アイヴ・ビーン・ウェイティング (I've Been Waiting)
  • マシュー・スウィート (Matthew Sweet)
  • 1991年発表
  • 下記のアルバムに収録されています。

Girlfriend

Amazon でみる

この記事をシェアする