beat ukulele

ポップス・ロック・ジャズをカバーしたウクレレ動画を日替わりで紹介します。

0261 マイナー・スウィング

今日は古いジャズを。戦前〜戦後のヨーロッパで活躍した伝説的なギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトです。彼が「発明」したロマ音楽とジャズを交配させた「ジプシー・スウィング」はそれ自体がひとつのジャンルとなって現代まで受け継がれながら発展を続けています。では、金字塔的ナンバーの「マイナー・スウィング」のウクレレ・カバーをどうぞ。

この曲、ウクレレ一本でメロディも織り込んで弾いちゃう強者も多いんですが、こんなふうに旋律楽器と組んだほうがジプシー・スウィング独特のグルーヴを持ったビートを味わえると思うのです。実際、このカバーでのリズム・ウクレレは惚れ惚れするようなスウィングで、生で観てたらもう体が動いてしょうがないでしょうな。ワンダホー!


元ネタはこんな曲

  • マイナー・スウィング (Minor Swing)
  • ジャンゴ・ラインハルト (Django Reinhardt)
  • 1937年発表
  • 下記のアルバムに収録されています。

100 Essential Classics

Amazon でみる iTunes Store でみる

この記事をシェアする